平成31年 新年のごあいさつ | 東京都社会福祉事業団【希望の郷 東村山】

希望の郷 Instagram

ホーム > 新着情報 > 平成31年 新年のごあいさつ

平成31年 新年のごあいさつ

お知らせ2019.01.04

新年あけましておめでとうございます

寒い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

水面を優雅に泳ぐ白鳥も、実は水面下で一生懸命水を掻いていると申します。

希望の郷東村山も、昨年4月に新規開設し、職員一丸となり全力を尽くしてまいりました。

お陰様で無事に初めての新年を迎えることができました。

昨年は、夏の花火大会、秋の“多摩湖自転車歩行者道”でのウォーキング大会、東村山福祉園と合同のオータムフェスティバル、絵画展の歴史を継承したからんどりえ展、小平高校吹奏楽部と合唱部によるクリスマスコンサート、グループホーム3か所それぞれの宿泊旅行やクリスマス会等々。

利用者の皆様も楽しい経験と思い出を、胸に沢山刻んでいただけたのではないでしょうか。

お正月を迎えるにあたり、摂食障害や嚥下障害のある方も、お餅やおせち料理を食べていただき、楽しいお正月を迎えられるようにと、栄養士、看護師、福祉職が連携して対応しました。

栄養士は食材や食形態の試作を繰り返し、看護師は福祉職員に食事支援の注意喚起を促し、食事支援については福祉職と看護師が共同して支援にあたりました。

限られた職員で重度の知的障害や強度の自閉症、行動障害を持つ利用者の皆様の健康や生活の安全を確保し、信頼や満足が得られるサービスを提供していくことは、並大抵のことではありません。

至らなかったことも多々あったことと思います。

しかし、どんなに障害が重くてもこの世に生まれてきて良かったと思える施設の実現を目指して、今年も職員一同しっかりと取り組んで参りたいと思っております。

どうぞ、本年も希望の郷東村山のご支援、ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

                         希望の郷 東村山

                         施設長 松島 匡典