ホーム > 希望の郷 東村山について > 施設概要・沿革

施設概要・沿革

施設概要

施設名 希望の郷 東村山
所在地 〒189-0012 東京都東村山市萩山町1-35-1
TEL:042-312-1244 FAX:042-312-1156
事業内容

【第一種社会福祉事業】
障害者支援施設(定員80人)
【第二種社会福祉事業】
短期入所事業(定員10人)
生活介護事業(定員25人)
共同生活援助事業「どらやき」(定員7人)
共同生活援助事業「きらり」(定員6人)
共同生活援助事業「けやき」(定員7人)
共同生活援助事業「ウィズ」(定員7人)
特定相談支援事業

目的

18歳以上の重度・最重度知的障害者を対象として、強度行動障害の軽減、
地域生活移行・地域社会との共生、生活環境・日中活動の充実を目的に支援する。

沿革

昭和47年 4月 東京都が知的障害児施設(児童福祉法)として設置
平成11年 4月 東京都社会福祉事業団が運営委託
平成12年 1月 デイサービス事業開始(10名)
平成12年 10月 ショートステイ事業開始
平成18年 4月 事業団が指定管理者として運営
グループホームどらやきを設置(自主事業)
平成18年 10月 障害者自立支援法施行
短期入所事業(ショートステイ)
生活介護事業(デイサービス)
共同生活介護事業(ケアホーム)
平成24年 4月 児童福祉法改正
福祉型障害児入所施設指定
障害者支援施設指定
生活介護事業の定員拡充(10→20名)
平成24年 5月 グループホーム「きらり」を設置(自主事業)
平成26年 4月 指定特定相談支援事業「東村山相談支援事業所」を開設(自主事業)
平成29年 4月 グループホーム「けやき」を設置(自主事業)
グループホーム「どらやき」を移転改築(自主事業)
平成29年 5月 都立施設改革により、成人一部利用者が「清瀬育成園ひだまりの里きよせ」へ移転
平成29年 6月 福祉型障害児入所施設の定員変更
平成30年 4月

都立施設改革により、東村山福祉園より分割

障害者支援施設「希望の郷 東村山」を開設
グループホーム「ウィズ」を設置(自主事業)

都立施設改革

東京都の都立施設改革の一環として、東村山福祉園を障害児施設(1か所)と障害者施設(2か所)へ3分割し運営することとなりました。

東村山福祉園の再編について